免疫力を上げる方法1-1

食材の工夫で副交感神経を優位にする方法1

 

酸味、苦味、辛味が強いものを食べると「嫌なもの反射(嫌悪反射)」が起こります。

この反射により、胃腸の働きが活発になりますが、このような機能を担っているのは、副交感神経です。

副交感神経が優位になると心身がリラックスして、緊張をほぐしてストレスを解消します。

酸味のある食品…酢、レモン、梅干し等
クエン酸や酢酸により疲労回復や消化促進、血圧の正常化等が期待できます。

苦味のある食品…ゴーヤ、ピーマン等
ほてり、のぼせに効果的、夏バテ防止やイライラを鎮める効果も期待できます。

辛味のある食品…とうがらし、しょうが、わさび等
身体を温める効果が期待できます。

自分の体調に応じて、期待できる効果に合わせることがポイントです。
ただし、取り過ぎは逆効果になる恐れがあるので要注意です。

>整体きむらさんち

整体きむらさんち

〒300-2665
茨城県つくば市高須賀476-5
電話:029-847-7489

駐車場を2台分ご用意しておりますので、つくば市内だけでなく、常総市つくばみらい市守谷市土浦市坂東市石岡市筑西市下妻市阿見町牛久市龍ケ崎市桜川市小美玉市かすみがうら市古河市からも来院される方にも便利です。

CTR IMG