免疫力を上げる方法4-2 息をゆっくり吐いて免疫力アップ

自律神経のうち、副交感神経を働かせると免疫力がアップします。

そのためには息を吐く時間を長くことが大切です。

息を吸うときには、交感神経が、吐くときには、副交感神経が働きます。

副交感神経が活発になると心身の緊張がほぐれ、リラックス状態になり、リンパ球が増えて免疫力も上がります。

ストレスを感じると、呼吸が浅くなって交感神経に偏ってしまいます。

そのな時には、ゆっくりと息を吐きだして、副交感神経を働かせましょう。

1日に何度か、深呼吸をするのもおススメです。

整体きむらさんちの癒しなおし整体は、呼吸と自律神経の関係を利用しています。

>整体きむらさんち

整体きむらさんち

〒300-2665
茨城県つくば市高須賀476-5
電話:029-847-7489

駐車場を2台分ご用意しておりますので、つくば市内だけでなく、常総市つくばみらい市守谷市土浦市坂東市石岡市筑西市下妻市阿見町牛久市龍ケ崎市桜川市小美玉市かすみがうら市古河市からも来院される方にも便利です。

CTR IMG